PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲルギエフ&マリインスキー

11月28日(土) サントリホール

ワレリー・ゲルギエフ 指揮
マリインスキー歌劇場管弦楽団


ムソルグスキー : 歌劇 『ホヴァーンシチナ』前奏曲  [金管合奏版]
ムソルグスキー : 交響詩 『はげ山の一夜』  [金管合奏版]
ムソルグスキー : 歌曲 『死の歌と踊り」』
              バス:ミハイル・ペトレンコ
ムソルグスキー : 組曲 『展覧会の絵』 (ラヴェル編)

IMG_5176-1.jpg

もう5回め?くらいになるゲルギーさんの指揮。
毎回 華麗なる蝶々のような振りを楽しみにしております。

今回、金管合奏版という珍しい選曲、
どんなものかと思っていたら
11本の金管楽器と2つの打楽器の編成でした。
「はげ山~」ちょっと物足りない感もしましたが
金管衆・みなさん上手、
腕?があるから このような編成でも納得させてみせる!という意気込みでした。

「歌曲・死の歌と踊り」はバスのミハイルさんの一人オペラのような。
暗い悲しげなムソルグスキーの世界へようこそ・・・でした。

メインの「展覧会の絵」
トランペット、サックスの音色がいい~。
大音量、大迫力でも音が気持ちよいて言うのはいいですね。

アンコール曲
チャイコフスキー : 歌劇 『エフゲニー・オネーギン』から「ポロネーズ」
リャードフ      : 交響詩 『バーバ・キガー』

今宵はいい音に出会うことが出来ました♪

IMG_5177-1.jpg


| クラシック音楽 | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/381-c9e66e66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT