PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シェイクスピア文楽『天変斯止嵐后晴』

9月19日(土) 国立劇場小劇場

シェイクスピア=作「テンペスト(あらし)」より
『天変斯止嵐后晴 (てんぺすとあらしのちはれ)』

シェイクスピアが文楽に。
どういうものになるのか 不思議でしたが
時代物として 日本の話に置き換えてあるので
すんなりと入ることが出来ました。
まぁ、妖精は日本の時代物には合わない気もしましたが。

『天変斯止嵐后晴』
天変(てんぺん)
斯(かくて)止(やみ)
嵐(あらし) 
后(のちに)
晴(はれとなる)

三味線、琴の音楽が良かったです。
照明の演出効果もあって
いつもの古典とはまた違っていて
こういうのもありかな~。

R0010469-1.jpg
 

| 文楽など・・・伝統文化 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/362-73d12df0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT