PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

九月大歌舞伎

9月9日 歌舞伎座

歌舞伎座さよなら公演
九月大歌舞伎

『浮世柄比翼稲妻 (うきよづかひよくのいなづま)』
  鞘當
           不破伴左衛門  松緑
           名古屋山三   染五郎
           茶屋女お京   芝雀

  鈴ヶ森
           幡随院長兵衛  吉右衛門
           飛脚早助     家橘
           北海の熊六    桂三
           東海の勘蔵    由次郎
           白井権八      梅玉


歌舞伎十八番の内 『勧進帳 (かんじんちょう)』
           武蔵坊弁慶  幸四郎
           源義経     染五郎
           亀井六郎    友右衛門
           片岡八郎    高麗蔵
           駿河次郎    松江
           常陸坊海尊  錦吾
           富樫左衛門  吉右衛門

『松竹梅湯島掛額 (しょうちくばいゆしまのかけがく)』
  吉祥院お土砂
  櫓のお七

           紅屋長兵衛  吉右衛門
           八百屋お七  福助
           小姓吉三郎  錦之助
           丁稚長太    玉太郎
           下女お杉    歌江
           長沼六郎    桂三
           月和上人    由次郎
           若党十内    歌昇
           釜屋武兵衛  歌六
           母おたけ    東蔵
R0010395-1.jpg

R0010408-1.jpg

吉右衛門丈をまた鑑賞。
午後の部は 出ずっぱりで 違う役を堪能。

『勧進帳』
やっぱり幸四郎丈のすさまじさに脱帽。
た~っぷり た~っぷり貯めての、弁慶の引っ込みの
 "飛び六方"に鳥肌もの。
汗だらけの弁慶、義経公を守れよ~、よっ!!

『松竹梅湯島掛額』
お土砂はコメディ。
吉右衛門丈がはじけとんでました。
現代語ギャグ?を盛り込むのはいいけれど
ちょっとムリし過ぎかな。

櫓のお七
言わずと知れた 八百屋お七。
文楽では 「伊達娘恋緋鹿子」の火の見櫓の段
福助が 人形振りでお七を演じます。
文楽で何回か見ているので
期待してしまったけど・・・・
お七がやぐらのはしごを登るところまでが人形振りなんですね、
文楽でははしごを登るところでゾクゾクさせられるのだけど
歌舞伎はちょっと あっけなかったかな。

R0010410-1.jpg

R0010390-1.jpg

| 文楽など・・・伝統文化 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/359-70916bc5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT