PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どうでも権三は好い男

2月文楽公演 
2月14日(土) 国立劇場小劇場

第一部 『鑓の権三重帷子 (やりのごんざかさねかたびら) 』

第二部 『敵討襤褸錦  (かたきうちつづれのにしき) 』

R0012514-1.jpg


どちらも敵討ちもの、題名にも なにやら共通点が。
「帷子」 からびら=ひとえの着物
「襤褸」 つづれ=ぼろきれ、つぎだらけの衣服
「錦」 にしき=金色の糸の絹織物

『鑓の権三重帷子』
 浜の宮馬場の段
 浅香市之進留守宅の段
 数寄屋の段
 岩木忠太兵衛屋敷の段
 伏見京橋妻敵討の段

近松門左衛門の代表作。
色男の権三と 3人の子持ちだけど若々しくて美しい おさゐの逃避行?
でもこの二人の間には なぁ~んにもなかったのに
妻敵討の相手として討たれる覚悟をしてしまう物語。
なんでぇ?・・・・ですけど。
不義をしてないのに間男になってしまった権三、
最初の語りのところに
゛鑓の権三は伊達者の、どうでも権三は好い男・・・・・゛
・・とありますが、ウ~ンせつない。
武士としての筋の通し方で決着とは。

討たれる場面、伏見京橋妻敵討の段は
床に5人の大夫と5人の三味線の掛け合い。
盆踊りで賑わっている京都の夜と敵討ちがまさにされるという場面、
豪華で華やかの中に 悲しさがジ~ンと。
これが文楽の世界!
やめられません。

R0012516-1.jpg


『敵討襤褸錦』
 春藤屋敷出立の段
 郡山八幡の段
 大安寺堤の段

お隣同士のうちが 突然敵同士に。
♪ボロは着~てても 心は錦・・・・♪
このお話です。
りっぱなお侍兄弟が 敵を追って 物乞いになってしまっているけれど
信念貫いて敵を討ちます。
でも今回の上演は
途中からの話で 途中で終わってしまうという?
発端と結果が省略されていまして・・・・残念。

人間国宝お二人、 住大夫と人形遣いの簑助師匠
圧倒されてしまいます。
やっぱり堪りません、すごいです。

R0012519-1.jpg



| 文楽など・・・伝統文化 | 13:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

相変わらず、渋い観劇してますね。うらやましい限り。
今度連れてって~

| らいか | 2009/02/1518:23 | URL | ≫ EDIT

>らいかさん
理不尽な世界・・・
なんでこう言う展開になるの~って
思っていても
最後にはホロリと涙。
いやぁやめられません!
ご一緒に!!っていつも思っているのに
ほんといつ行くぅ?

| コラソン | 2009/02/1810:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/328-4d10f9fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT