PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恒例の第九

12月28日(日) サントリーホール


東京交響楽団
指揮&チェンバロ  : 秋山和慶

ヴァイオリン  :     ネマニャ・ラドゥロヴィッチ

ソプラノ     :   アンナ・クオ → 松本美和子
メゾ・ソプラノ  :   竹本節子
テノール     :   クリスティアン・エルスナー
バス        :   アッティラ・ユン
合唱        :   東響コーラス


ヴィヴァルディ  :  協奏曲集「四季」より 作品8-1ホ長調「春」.作品8-4ヘ短調「冬」
ベートーヴェン  :  交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付」

R0012005-1.jpg

9年連続の 秋山和慶 &東京交響楽団   『第九と四季』
そろそろと・・・と思いつつも。

POP調の「四季」もあり?かぁ!
ヴァイオリン・テクニックは凄かった、まぁ楽しかったけど。
「第九」よりも
恒例のアンコール 「蛍の光」のペンライトに感激してしまうのは 
なぜなんでしょう~♪

R0012007-1.jpg


| クラシック音楽 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/321-e2833500

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT