PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千人の交響曲

4月28日(月) 東京文化会館

エリアフ・インバル  ゛プリンシパル・コンダクター就任披露公演゛
東京都交響楽団 第660回定期演奏会
 
マーラー   :  交響曲第8番 変ホ長調 『千人の交響曲』

ソプラノ    : 澤畑恵美
ソプラノ    : 大倉由紀枝
ソプラノ    : 半田美和子
メゾソプラノ : 竹本節子
メゾソプラノ : 手嶋眞佐子
テノール   : 福井敬
バリトン    : 河野克典
バス      : 成田眞

合唱     : 晋友会合唱団
児童合唱  : NHK東京児童合唱団

RIMG0309-1.jpg


その名の通り 千人近い人数での大演奏会。
マーラーの交響曲の中で1番の大曲です。
人数関係のせい?かもしれませんが なかなか演奏機会がない曲です。
ここ数年、マーラー交響曲を聴き込んでいましたが
やっとこの第8番にめぐり会えた。
しかも今回は インバル氏就任披露と言う記念演奏会なので
チケット即日完売と言うプレミア演奏会、
行けて良かったぁ。

第8番、85分。
通常の何楽章~と言うのではなく
第1部 「賛歌 あらわれたまえ、創造の主 聖霊よ」
第2部 「ファウスト 第2部最終場面」
に分かれています。
副題見てわかるように カンタータです、教会大カンタータと言ってもいいような。
大編成オーケストラ、オルガン、ハープ・・・大合唱団、
東京文化会館のホールが
宇宙空間になってしまったかのように
壮大な音、壮麗な声が地上から・・・天から・・・・聴こえて来ます、響いています。
(実際に3階席からソプラノの独唱があり、金管楽器もありで)
神がっかた大曲です。

インバル氏 = マーラー
最近、マーラーの第一人者として活躍されています。
去年の7月に フィルハーモニー管弦楽団と一緒に来日の時に
第2番「復活」を聴いて以来。
鮮やかの演奏で さすが海外オケ!と感動しましたが
今回の都響、それ以上に華麗でした。
こんなに上手だったけ、都響? (失礼っ)

ホルンの中に読響のYさんがいました。
すぐわかる私って(^^;)
団員さんたちの貸し借り?てどういう風になっているのだろう・・・

おみやげ付きの演奏会
力 入ってますね、都響。
サイン入りポストカードとボールペン(笑)
RIMG0317-1.jpg


RIMG0311-1.jpg




| クラシック音楽 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/255-6b1de299

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT