PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コバケン&N響

4月19日(木) 東京文化会館

NHK交響楽団  東京文化会館公演

指揮     : 小林研一郎
ヴァイオリン : 竹澤恭子

バルトーク  : ヴァイオリン協奏曲第1番
ベルリオーズ : 幻想交響曲

P1060215-1.jpg


コバケンさん今年もう3回めです。
日フィルの音楽監督辞めた後はまずN響で。
N響は聴くのは2年ぶりくらいかな、久々ですが
毎週N響アワー見ているせいで お顔はお馴染みばっかり。

P1060218-1.jpg


バルトーク『ヴァオリン協奏曲』
難しい曲ですね。
竹澤さんのヴァイオリンがひかります。
協奏曲と言うより、独奏にオケの伴奏があるような曲。
コバケンさんの片足あげてのジャンプ振りと
竹澤さんの片足踏み込みながら弾く様子・・・
ふたりでダンスしているようで。

ベルリオーズ『幻想交響曲』
コバケンさん定番曲。
でもN響では派手さが目立ちません、
落ち着いた重厚な幻想。
やっぱりN響って上手いんだなぁ~って。

演奏終了後のコバケンさんの気の遣いようが好きなのですが
コンマスが早く引き上げようとしたのが
寂しかった・・・(-。-)
音楽監督していた日フィルとは違って
コバケンさんのご挨拶は無し。
N響ではやっぱりムリよね。

| クラシック音楽 | 08:51 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

N響のコンマス感じ悪いね<`~´> コバケンのサービス精神知ってるはずなのに、お客様指揮者なんだから丁重に扱って貰わないとね(-。-)y-第一お客様も期待してたんでは?がっかりだよね!N響はやっぱり雰囲気が違うの?それとも深いの?
「幻想交響曲」派手さが目立たないのは、コバケンさんどんなパワーで指揮してるの(^^♪?

| うるんの友達 | 2007/04/2100:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/174-10dd29bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT