PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第459回定期・ミスターS登場

4月17日(火) 東京芸術劇場

読売日響 第459回定期演奏会
指揮 : スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

ベートヴェン : 大フーガ 作品133
ブルックナー : 交響曲第4番「ロマンティック」ノヴァーク版

P1060208-1.jpg


2年間、読売日響の第8代常任指揮者として就任。
今回は初めての定期演奏会。
大御所・83歳のスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ氏を
迎えたとあってお祭りムードです。

P1060210-1.jpg


ベートヴェンの『大フーガ』
読売日響の弦の素晴らしさが見事に表れる曲。
あまり馴染みの無い曲だったので
ちょうどスクロヴァチェフスキ氏の指揮でのN響盤のCDで予習。
やっぱり 生音はいいですね。
読売日響の弦楽器陣は一押しです。

ブルックナー『交響曲第4番』
スクロヴァチェフスキ氏は
ブルックナーの交響曲の解釈で
マーラー・ブルックナー協会から金メダルを受賞しているので
ブルックナーを振ったら世界一?
あまりブルックナーって聴かない方なので
せっかくのチャンスを逃がさないようにしないと・・
ここで勉強しておかないと。

予習CDで聴いていたとは違って
あっさりめの第4番でしたが
83歳が振っているとは思えないほどの迫力。
金管がちょっとなぁ・・・が残念でしたが満足な演奏会でした。
9月にもスクロヴァチェフスキ氏のブルックナー第3番が
あります、楽しみ。

P1060214-1.jpg

| クラシック音楽 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://asupanda.blog6.fc2.com/tb.php/173-524dbfaf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT