2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

とりぱんで癒し

暑い暑い中
この漫画 読んでます。
涼しくなります、癒される時もあります。

とりぱん

RIMG0646-1.jpg

鳥好きの人向きな漫画・・・・私は野鳥も まぁOK。
                 その昔 メジロ数匹、ヤマガラ、ヒバリ、オオルリなど
                 うちにいたし(違法で)。
                 ヒヨドリのヒナを保護したし。
                 
都会では見られない
野鳥観察が出来る漫画・・・・アオゲラ、ツグミなどの珍しいお調子ぶりが微笑ましい。

土いじりの好きな人
向きな漫画・・・・・・・・・・・・・・ガーデニングではない。菜園。
                  この菜園でとれたものでの料理レシピも美味しそう。

虫好きな人向きな漫画・・・・・トイレに住み着いたクモに餌あげたり
                  青虫保護したり
                  カマキリにカマさんて名を付けて飼ったり
                  だんご虫見たら必ず丸めたりなどなど
                
                 ↑こう言う事が出来ない私には未知の世界で面白い。

四季折々な風景漫画・・・・・・人が気がつかないような とっておきな場所を知っている。
                  こう言う所にいたら人間ってちっぽけだってわかります。
                  それを漫画で表すなんて!
 

岩手が舞台、
作者さんの ゛とりのなん子さん゛ が住んでいる所だから。
都会では味わえない 不思議な世界です。
この漫画読んでいると 虫が殺せなくなります、
見ても見なかった事にしてます。

R0010622-1.jpg

R0010621-1.jpg


| あれこれ | 10:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泉鏡花と玉三郎

7月22日(火) 歌舞伎座

七月大歌舞伎 夜の部

 『 夜叉ヶ池 』
坂東玉三郎監修
    百合       春猿
    白雪姫      笑三郎
    萩原晃      段治郎
    穴隈鉱蔵    薪車
    畑上嘉伝次   寿猿
    黒和尚鯰入   猿弥
    万年姥      吉弥
    山沢学円     市川右近

 『 高野聖 』
    女        玉三郎
    宗朝       海老蔵
    薬売       市蔵
    次郎       尾上右近
    猟師       男女蔵
    百姓       右之助
    親仁       歌六

R0010290-1.jpg

泉鏡花原作の2本立て。
妖しい世界に惹きこまれます。
舞台も幽玄さを めいいっぱい演出、
もうぜったいに何かが出てきます!って言う暗さで ドキドキ感。

『夜叉ヶ池』の春猿の百合は どっから見ても美しいか弱い女性です。
玉三郎の後継者になると思ってはいましたが
今回の百合役で決まり!だと確信。

3月に鑑賞した『ヤマトタケル』=澤瀉屋一門総出演の時のメンバーと
今回一緒です。
ダブりますねぇ~(笑) 
声が同じ、当たり前だけど、
右近さん 背広姿だけどヤマトタケルに見える・・・。
そう、泉鏡花の世界、『夜叉ヶ池』は大正初めが舞台、
『高野聖』は明治始め、
どちらも時代劇がかっていないので 歌舞伎のようで歌舞伎ではないような
不思議なお芝居です。

『高野聖』は54年ぶりの上演だそうです。
脚本にも参加している 玉三郎が泉鏡花の妖しい、艶かしい世界を再現します、
まぁこの人自身が妖しく艶かしいのですが・・・。
R0010291-1.jpg

山中に美しすぎる女と白痴の夫、
その中にお坊さまが 危うく囚われの身に・・・
美しすぎると言う事はもちろんワケありです。
仏のような優しい心と 男どもを獣に変えてしまう~妖気をもつ女。
玉三郎の妖艶さにクラクラっでした。
ご飯をよそる手つき・・・・・惚れちゃいますね。

この玉三郎の女の誘惑に惑わされる 若いお坊さまが海老さま。
汗を拭いてもらう色っぽい芝居に 思わずキャーぁです。 
R0010294-1.jpg

海老さまは目がいい、目の演技が上手い。
無表情な顔なのに 目は悲しんでいたり微笑んでいたり。
3回くらい海老さま見てますが 今回は感心しました。
13代團十郎を継ぐまで生きていたいなぁってちょっと思ったりして。

R0010287-1.jpg


| 文楽など・・・伝統文化 | 16:39 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコクルージング3 ~神田川編~

エコクルージング、続きその2・・・

神田川に入ります。
柳橋を抜けると
屋形船のお店がいっぱい。
RIMG0yakata.jpg

RIMG0129-1.jpg


万世橋。
RIMG0131-1.jpg


万世橋駅跡。
RIMG0133-1.jpg


お茶の水分水路。
神田川の洪水防止用の水路。
RIMG0suiro.jpg


聖橋。
ひときわきれいな橋、聖橋の上は通るけれど
こうなっていたとは! 
RIMG0141-1.jpg

RIMG0146-1.jpg


聖橋バックに記念撮影、ガイドさんと。
RIMG0kinen.jpg


お茶の水付近の川沿いは・・・
東京かと?思うような 自然いっぱい、まるで探検船のように進んで行きました。
RIMG0mizu1.jpg

RIMG01mizu2.jpg

RIMG0mizu3.jpg


生き物います。
カニや亀さん、カモ、ハクセキレイ・・・
RIMG0161-1.jpg


下水道に抜ける水路。
ここは匂いが・・・・
RIMG0166-1.jpg

RIMG0173-1.jpg


都営三田線からの湧き水。
RIMG0wakimizu.jpg


後楽橋。
RIMG0178-1.jpg


三崎橋ゴミ中継所。
千代田区の燃えないゴミを運びます。
大きい方の茶色の船で。
トラック40台分のゴミが入り、それが2隻。
1日4往復して 羽田沖の埋立地に。
RIMG0189-1.jpg

RIMG0191-1.jpg


到着。
RIMG0197-1.jpg


川の利用など 普段考えた事がありませんでした。
家庭で使っている水が流れていくのはわかっていても
改めてこの目で見ると!
環境問題を身近に感じられて
しかも歴史も学べる!
2時間がとっても長く感じられ いい時間を過ごせたなぁ~と。
お勧めな旅です。

RIMG0200-1.jpg


RIMG0201-1.jpg

| あれこれ | 22:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコクルージング2 ~隅田川編~

エコクルージング、続き・・・

日本橋川の最後の橋、豊海橋。
隅田川上から写しました。
RIMG0087-1.jpg


永代橋。
さすが大川の橋、今まで通ってきた橋とはケタが違います。
RIMG0085-1.jpg


昭和34年の伊勢湾台風、
この時にはA.P+5,02m地点(濃い青色の所)まで水位が上がったそうです。
RIMG0091-1.jpg


清洲橋。
貴婦人の橋と呼ばれているそうです。
RIMG0092-1.jpg


松尾芭蕉。
奥の細道の出発地点。
ライトアップされると 芭蕉が向きを変えます。
RIMG0109-1.jpg

RIMG0099-1.jpg


隅田川の支流川、小名木川にちょっと入り万年橋を・・・
葛飾北斎の富嶽三十六景「深川万年橋下」 と同じ風景。
ここで北斎が!
RIMG0103-1.jpg


水上バスが追い抜いて行きます。
こちらは ゆっくりエコの旅じゃ~。
RIMG0113-1.jpg


両国橋。
総武線も見えます。
RIMG0120-1.jpg


隅田川水上派出所。
陸上からは入れません。
川向きにある 川の交番。
RIMG0123-1.jpg


このあと神田川へ・・・・

| あれこれ | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコクルージング1 ~日本橋川編~

「都心の水辺でエコツアー」 と言う旅をして参りました。

ニュース番組のコーナーのひとつ、
外人さん3人組が東京を案内しているのがあって
ちょうど見たのが 神田川、日本橋川を見学ツアー。
もうさっそく行くぞ!っと。
今回は我ながら行動が早かった

エコクルージングって言うのは
電気ボートで日本橋川~隅田川~神田川と巡り
歴史と水辺環境をお勉強してみましょう~と言うものです。

水道橋の新三崎橋防災船着場が出発・到着地点
この電気ボートに乗ります、
12名乗り、航行可能時間10時間、充電時間8時間。
この日は2時間コースで搭乗者6名。

RIMG0031-1.jpg


さっそく 日本橋川を~~。
RIMG0035-1.jpg


日本橋川には24の橋がかかっております。
まずはクイズ! さぁ何て読むのでしょう~?とガイド兼ドライバーの方の挑戦。
RIMG0039-1.jpg


読めなかったです・・・「まないたばし」
住所で言えば 九段南、この辺は何回も通ったことあるはずなのになぁ。
橋の下と上とでは違いますね~。

一ツ橋あたりには 外濠 の石垣が残っています。
江戸の名残りです、大名家の印が入った石垣もありました。
RIMG0044-1.jpg


神田橋。 
日本橋川の上には首都高・環状線が続いてます。
RIMG0048-1.jpg


常磐橋。
このひとつ先の橋も ゛ときわばし゛ だそうです、
でも字が違う 常盤橋、 間際らしいです。
RIMG0052-1.jpg


日本橋。
日本の道路の起点。
江戸時代は東海道・中山道・甲州街道・奥州街道・日光街道の起点で、
現在でも国道1号・4号・6号・14号・15号・17号・20号の7国道の起点となってます。
橋の中央にはそれらの道路の起点を示す「日本国道路元標」があります。
RIMG0057-1.jpg

RIMG0068-1.jpg

RIMG0064-1.jpg


日本橋を出たところに船の形のビルが。
元・三菱倉庫のビル。
川から見ると 大型客船に見える?って・・
RIMG00fune.jpg


江戸橋。
RIMG0072-1.jpg


高速道路が右にカーブ
そうすると・・・
RIMG0076-1.jpg


湊橋が見える頃には 真上の高速道路がなくなっていて
眺めが明るく、広がりました。
RIMG0080-1.jpg

RIMG0081-1.jpg


さぁ いよいよ隅田川に。

| あれこれ | 19:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2歳7ヶ月

7月10日  うるん2歳7ヶ月

換羽も終わり つるつるお肌になりました。
そして なんとなく顔は大人っぽくなったような・・・
いやぁ・・うちの者だけが言ってる事なんですけどね

あっそれに くちばしの力も強くなったような・・・
パクパクって突っつかれる時 めちゃくちゃ痛いんですけど

一皮抜けて(一羽?)大人になったみたいです。

RIMG0782-1.jpg


RIMG0798-1.jpg


RIMG0809-1.jpg


RIMG0840-1.jpg


RIMG0821-1.jpg


RIMG0816-1.jpg


RIMG0856-1.jpg


RIMG0867-1.jpg


RIMG0866-1.jpg


RIMG0863-1.jpg


RIMG0913-1.jpg


RIMG0832-1.jpg




| 文鳥っこ うるん | 19:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

七夕のお願い

意見の相違があります・・・  VS

RIMG0911-1.jpg

| 文鳥っこ うるん | 19:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

判明(BlogPet)

きょうは、asupandaとasupandaと判明したかった。

*このエントリは、ブログペットの「あすぱんだ」が書きました。

| 文鳥っこ | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買ってしまいました(^^;

誘惑に負けました。

うちにたくさ~んあるのは 中国茶。
香りのお茶は無いんだぁ~~
お試しでもらった事はあるけど 買った事は無い!・・・などと
自分に言い聞かせ、納得させ。

夏の福袋に手を出しました

箱からして可愛い。
今回は 堪えて? 3000円のフレバードティー。
RIMG0881-1.jpg


中身は・・・・わくわく 。('-'。)(。'-')。
RIMG0875-1.jpg


紅茶ベース
5219  グレープフルーツ
5225  マンゴ
5227  いちご (缶入り)
5517  BONBON
5519  キャラメレ
5542  ルバーブ&ストロベリー

緑茶ベース
8225  津軽りんご
8232  かぼす
8502  いちごバニラ
8506  TOKIO
8516  BRAVISSIMO!

茶バッチ3個入り(お茶の袋を止めておくクリップ)

RIMG0880-1.jpg


未知の味だ!香りだ!!
キャラメレ・・・アーモンドが隠し味?
BONBON・・・キャンディーボックスのようなって?
ルバーブ・・・ってなんだぁ?
TOKIO・・・甘いベリーで香りづけって甘いのかぁ?
BRAVISSIMO!・・・ブラビッシモ! 読めない。それになんで「!」が?

飲むのが怖い
でも 楽しいそう

| 中国茶 | 19:21 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月