2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

≫ EDIT

話し方(BlogPet)

きのうasupandaの、話し方みたいな実感する?

*このエントリは、ブログペットの「あすぱんだ」が書きました。

| 文鳥っこ | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマトタケル  ~スーパー歌舞伎~

3月18日(火) 新橋演舞場

スーパー歌舞伎 『ヤマトタケル』

P1090511-1.jpg


歌舞伎デビューをしたいと言う友人と一緒に。
わかりやすい歌舞伎を・・と言うリクエストだったので 
これを選びましたが。
これ、歌舞伎じゃないよ!
凄すぎです、見所満載と言うか 全部が見所。
舞台装置は大掛かりだし
音楽は耳に残るし
衣装は華やかで凝っているし
ストーリーも立ち回り、早変わり、泣かせどころ 盛りだくさんだし。
4時間半がアッと言う間でした。

ダブルキャストなので今回見たのは、
市川右近がヤマトタケル、市川段治郎がタケヒコ。
背丈も違う、話し方もぜんぜん違うこの二人、
反対バージョンでは また違った魅力のヤマトタケルでしょうね~、
見たくなりますよ。

市川猿之助一門のこの澤瀉屋のみなさんは
研修所出身が多い。
二代目、三代目とかの御曹司で継がれていく演目とは一味違っている
このスーパー歌舞伎、1度は見た方がいいです。
スッゴイですから。

P1090509-1.jpg



| 文楽など・・・伝統文化 | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新内と義太夫

3月15日(土) かつしかシンフォニーヒルズ

『江戸と上方の粋 ~浄瑠璃~ 』

新内   : 新内仲三郎 (人間国宝) ・ 新内剛士
義太夫  : 竹本駒之助 (人間国宝) ・ 鶴澤津賀寿

新内  『帰咲名残命毛  尾上伊太八』
義太夫 『碁太平記白石噺  新吉原揚屋の段』
掛合い(新内×義太夫) 『関取千両幟』

P1090500-1.jpg


我ながら・・・渋い、シブ過ぎる公演でした。
浄瑠璃の一種、 ゛新内゛を聴くのは初めての体験。
「語る」世界では共通の 新内と義太夫。
義太夫節は 文楽でなじみにはなっていました、
それに先月は女流義太夫で 今回とおなじ 竹本駒之助師匠の語りを
また聴けると楽しみがあって・・・。

心中ものを得意とする゛新内゛
男性の声でも やわらかさが出ているし
三味線も中棹なので 細く、か弱い 泣き落としに使うかのようで
これまた 違った「語り」を味わえました。

掛合いの『関取・・・・・・』
男の関取を女性義太夫の声で語りながら
伴奏の三味線は新内の中棹で細く添える・・・・
反対に 妻役を 男性新内のやさしい声で語っていながら
伴奏は義太夫の太棹三味線でふとぶとしく。
こういった公演は珍しいのでは?
東西の違い、新内と義太夫の違い・・・・・貴重な体験をして参りました。

隣の隣の席に女優の名取裕子さんが。
お着物姿でピシっとしていて お美しい~。

P1090498-1.jpg



| 文楽など・・・伝統文化 | 20:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊福部昭とバーンスタイン

3月10日(月) サントリーホール

読売日本交響楽団 469回定期演奏会

指揮      : 下野竜也
ヴァイオリン  : チョーリャン・リン

三善晃       : 『アン・ソワ・ロアンタン 《遠き我ながらに》』 〈創立20周年委嘱作品〉
バーンスタイン : 『セレナーデ』
伊福部昭     : 『倭太鼓とオーケストラのためのロンド・イン・ブーレスク』
バーンスタイン : 『〈ウエストサイド物語〉からシンフォニックダンス 』
 
P1090487-1.jpg



今回は4曲。
テーマは何? なんでこの4曲?
不思議ムードで始まる・・・・
伊福部昭とバースンスタインと来れば、映画曲なのかなぁ?

1曲めの 三善晃氏の1982年作曲の曲、もちろん現代曲。
タイトルのように 遠くに行ってしまった我が身、我が意識(汗)
現代曲は難しい。
打楽器が多様で その音に救われた感じです・・・まだまだだぁ・・・・・・・・。

バーンスタイン『セレナーデ』
ヴァイオリンソロと弦と打楽器の構成曲。
プラトンの「饗宴」が題材になっているそうで、初めて聴きました。
ジャズ調になっていくところは バーンスタインなんだなぁ・・です。

伊福部昭
ご存知、ゴジラですよね。
この曲もゴジラなどに使われた部分があるそうで
どことなく 出て来そうな感じです。
太鼓がドンドコドコドコと前進あるのみ。
いったいどこまで行けばいいのかと思うほど
音が前へ前へと進む、進む。

ウエストサイドストーリー
何も言うことなく楽しめました。
゛マンボっ゛
゛マ~リっア~~~゛

P1090490-1.jpg


| クラシック音楽 | 20:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2歳3ヶ月

3月10日  うるん 2才3ヶ月

体重、元に戻って25g。
換羽になり始めました、冬毛から春毛に~。

P1090461-1.jpg


P1090442-1.jpg


P1090451-1.jpg


可愛い白文鳥さんカップと・・・・。
P1090376-1.jpg


「広告の品」と・・・・・。  (切り身でも魚って わかるんだから~ >うるん)
P1090465-1.jpg


DSと・・・・。  (ゲーム中、爆睡されると 困るんですけど~ > )
P1090428-1.jpg


3月の文鳥様カレンダーと、その1。 (ビチョビチョ
P1090473-1.jpg


3月の文鳥様カレンダーと、その2。 
P1090477-1.jpg


ガジガジと。
P1090485-1.jpg


P1090374-1.jpg


| 文鳥っこ うるん | 15:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

狂言ござる乃座

2月28日(木) 宝生能楽堂

野村萬斎主宰の狂言会 『狂言ござる乃座 39th』


「内沙汰」
    右近:野村萬斎  妻:石田幸雄

「因幡堂」
    夫:野村万之介  妻:深田博治

「塗師平六」
    塗師平六:野村萬斎  師匠:野村万作  妻:高野和憲

P1090435-2.jpg


ここ何回か行った能・狂言とは違ってました、客層が。
若者いっぱい。大入り満員。
゛ややこしや~゛の人だし、 ゛鞍馬天狗゛の人だし、
人気者・野村萬斎のパワー凄し!

パンフレットにもあるように 今回のテーマは「Wife」
夫婦もの狂言、3題でした。
どれも しっかりもの妻が おっとり夫をたしなめるお話。

野村萬斎はハデな演技、大きな声、
顔面のパーツが自由自在に動く! (1列めだったのでよくわかりました!!)
嫌味がなく・・すっきりと・・・迫力満点で笑わせてくれました。
それに お父様の野村万作、おじ様の野村万之介
こちらのお二人は渋い、渋過ぎて深い・・・良いです、よろしかったです。

| 文楽など・・・伝統文化 | 12:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月