2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

ハルサイ 読響462定期

7月17日(火) 東京芸術劇場

読売日響 第462回定期演奏会
指揮  : パオロ・カリニャーニ
ピアノ  : 辻井伸行

ストラヴィンスキー : サーカス・ポルカ
ラフマニノフ     : ピアノ協奏曲第2番
ストラヴィンスキー : バレエ音楽『春の祭典』

P1070219-1.jpg


この公演、指揮者交代との通知あり。
予定の方は病気療養のため来日出来ず、
パオロ・カリニャーニ氏に代演。
去年の7月に「幻想交響曲」で好印象を持っていたので
代演と言うか名演を期待です。
イタリア人、スキンヘッド、長身、情熱的な指揮ぶり・・・
お気に入りの指揮者さんです。

『サーカス・ポルカ』
4分たらずの曲。
前回のパオロ・カリニャーニ氏のアンコール曲でした(笑)

辻井伸行さん
全盲の19歳。ピアノの線は小さいけれど
難しいコンチェルトを無難に弾いて
人間、不可能はないって教えられますね。
アンコール曲はドビッシーの「映像第1集・水の反映」

『春の祭典』
いろんな種類の楽器が登場、
アルトフルート、イングリッシュホルン、バスクラリネット、
コントラファゴット、ワーグナーチューバ、バストランペット・・・
低音の楽器に魅了。
第2ティンパニに先月定年したはずの菅原さん登場。
嬉しい計らいでした。

P1070221-1.jpg

| クラシック音楽 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リッカルド・ムーティ&PMF

7月11日(水) オーチャードホール

PMFオーケストラ 東京公演

指揮    : リッカルド・ムーティ
オーボエ : マルティン・ガブリエル〈PMFウィーン〉

ヴェルディ  : 歌劇「運命の力」序曲
モーツァルト : オーボエ協奏曲 ハ長調K.314(285d)
シューベルト : 交響曲 第8番 ハ長調D.944「ザ・グレイト」

P1070217-1.jpg


ムーティ氏の指揮はさすが、惚れ惚れ。
いつものように若さあふれるPMFの演奏でした。
今年は教授陣も一緒に演奏しておりました。

| クラシック音楽 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1歳7ヶ月

7月10日 うるん 1歳7ヵ月。

1ヶ月前までは換羽でつんつくいっぱいだったのが
P1070033-1.jpg

          

見違えるほどきれいに 真っ白に。
P1070116-1.jpg


P1070113-1.jpg


P1070115-1.jpg


背中と尻尾にはまだ幼毛の黒いのが、
これがなくなるのはこの次の換羽かな。
P1070191-1.jpg


P1070213-1.jpg


体重は 朝25g・夕26g  朝26g・夕27gに増えました。
P1070001-2.jpg


P1070172-1.jpg


この1ヶ月のあれこれ写真・・・・
P1070162-1.jpg


P1070129-1.jpg


P1070117-1.jpg


P1070081-1.jpg


P1070180-1.jpg


P1070236-1.jpg


P1070237-1.jpg


P1070251-1.jpg

| 文鳥っこ うるん | 16:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歌舞伎の新版歌祭文

7月6日(金) 国立劇場

歌舞伎鑑賞教室
『歌舞伎のみかた』  : 中村松江

『新版歌祭文-野崎村-』
  
お光 : 中村福助
久松 : 中村松江
お染 : 中村芝のぶ
お常 : 中村芝喜松
久作 : 中村東蔵

2140_1.jpg


『歌舞伎のみかた』では十二支の動物が出てくる歌舞伎の紹介。
小道具、大道具の説明付きです、
12種類いるんですね、ちゃんと。
羊が凝ってる・・・。

『新版歌祭文』
文楽で鑑賞済み。
お光の女心に泣かされる物語
文楽では切なさを人形がしっとりと演じていたのに対して
歌舞伎では笑いありのオーバーーアクションありので
同じ話なのに「静」と「動」を感じました。
義太夫の演奏も多く 文楽の語りとはまた違った楽しみあり。

お光登場で・・
あの声は、そうそう福助さん。
『鬼平』の奥方・久栄役でした。
上品な奥方もぴったりだったけど
今回のお光、村娘でも若さもおちゃめさも感じられ 
さすが女形の代表格、成駒屋!
福助さんの声・・・癖になりそうです。

P1070216-1.jpg

| 文楽など・・・伝統文化 | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インバルの『復活』

7月5日(木) 東京芸術劇場

指揮 : エリアフ・インバル
フィルハーモニー管弦楽団

ソプラノ  :佐藤美枝子
メゾソプラノ:エカテリーナ・セメンチュク
合唱    :東京音楽大学

マーラー  :交響曲第2番『復活』

P1070166-1.jpg


インバルと言ったらマーラーCD全集で傑作揃い、
マーラーブームの火付け役です。

P1070168-1.jpg


そのエリエフ・インバルのマーラーを生で!と期待大。
壮大で大音量の『復活』
日本のオケで何回か聴いてますが
下手すれば大騒音ともなるこの曲を
すっきりな音?期待していたとは違う重々しい音ではなく
あっさり?軽く?何と言っていいのか??
イギリスのオケはこう言う音?
また違った『復活』を味わえました。


P1070164-1.jpg



パイプオルガン・・・
モダンタイプを見るの初めてでした。
何十回も行っているのに、
ここ東京芸術劇場のパイプオルガンは回転式なのです。
ガルニエ・オルガン

| クラシック音楽 | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月