2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

≫ EDIT

白すけ、うるん

換羽終了。
生後約5ヶ月の うるん♀(やっぱり女の子みたい(T0T) )
いっチョ前の白文鳥さんになってます・・前面だけ

P1030303-1.jpg

               
      
P1030503-1.jpg


P1030504-1.jpg




後ろ側・背中も真っ白・白すけになるには
あともう1回の換羽? それともあと2回くらいかな。
P1030395-1.jpg



クルくん(7才)、チェ~ちゃん(5才)は まだ換羽になってないけど・・・
P1030482-1.jpg


P1030381-1.jpg

P1030403-1.jpg

P1030406-1.jpg


この時期・・もう無いのかな?
100%羽毛(文鳥毛)枕、制作中なんだけど・・・(o^-^o)

| 文鳥っこ うるん | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マティス→ブラ4

4月15日(土) トリフォニーホール
新日本フィルハーモニー交響楽団

指揮     :  クリスティアン・アルミンク
ヴァイオリン :  ヴィヴィアン・ハグナー


ブラームス  :  悲劇的序曲op.81
シューマン  :  ヴァイオリン協奏曲ニ短調
ブラームス  :  交響曲第4番 ホ短調

28_handbill.jpg



メイン曲目変更のプログラム。
ヒンデミットの「画家マティス」の予定が何故か?変更(ToT)

まった~りの のっぺ~りの演奏会でした。
序曲のブラームスに続いてのシューマンも平坦で。
4番交響曲も・・・
第1楽章からして、あれ?って感じで
新日本フィルならもっと?もっと??なはずなのに。
トリフォニーホールならではの重厚な音もせず。
でも楽章が続くほど・・第3楽章はさすが!と思わせたのに・・・
ラスト4楽章は・・・なんで?

う~ん(T^T)

来月もまた アルミンク&ブラームス。
小澤さんの代役 頑張って~です。

| クラシック音楽 | 21:24 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

今週は2回も・・・♪

4月8日(土)  サントリーホール
日本フィルハーモニー交響楽団

指揮   : 小林研一郎
ピアノ  : 梯剛之

グリンカ :  『ルスランとリュドミラ』序曲
ショパン :  ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 op.21
ムソルグスキー(ラヴェル編曲): 組曲『展覧会の絵』

P1030421-1.jpg



今年2回目の コバケン&日フィル。
ピアノの梯さんは初めてでした、ドキュメンタリー番組などで
練習熱心など少しは知っておりましたが
やはり実際に弾いているご本人見ると・・すごいなぁと。
連打連打・・・。
アンコール曲もショパンで『ノクターン嬰ハ短調』

『展覧会の絵』はお馴染みな曲、でも聴くのは久々。
金管のテクニックが聴きものでした。
弦楽器の見せ場がなかったと思っていたら
アンコールに 
マスカーニ :カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲 で
弦のしっとりとしたメロディが聴けて。

でも本当のアンコールは
『展覧会の絵』のラストの40秒ほども もう1度!と言う
コバケンさんのサービス。
面白い♪

| クラシック音楽 | 22:57 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

有名になったよね、このオペラは

4月3日(月) サントリーホール
プッチーニ  : トゥーランドット (全3幕・日本語字幕付)

指揮 : ニコラ・ルイゾッティ

出演 :
アンドレア・グルーバー(S)
ヴィンチェンツォ・ラ・スコーラ(T)
スヴェトラ・ヴァシーレヴァ(S)
ジャコモ・プレスティア(Bs) 他

合唱 : 藤原歌劇団合唱部、東京少年少女合唱隊
演奏 : 東京交響楽団

P1030342-1.jpg


サントリーホールでのホールオペラ。
もちろんいつもの演奏会とは違っていて
前方に歌手が演じるステージがあり、後方にオーケストラ、
P席には合唱団が。

それに警備やPRESSの人が多いな・・と思っていたら
オペラ好きの小泉首相と
この曲を世に知れ渡せてくれた荒川静香さんが客席に。

ホールオペラの魅力はオーケストラも同じステージ上、平面で、
役者と対等で演奏していること。
迫力ありました。
恐ろしい曲間・・役者さんとオケの両方を同じ目線で見れて聴けて、
指揮者のルイゾッティ氏の指揮振りも演じているひとりのようでして。

トゥーランドットはプッチーニが途中で作曲やめてしまって
未完に終わっているので、
今回はプッチーニ自身作曲のところまでがオペラ、
後の結末まで(アルファーノの補筆作曲部分)が突然、
演奏会形式になると言う演出でした。
はっきり区別されていて良かったのかな?
物足りない気はしましたが
全体の演出は凝っていて面白かった、
狭いステージが感じられなかったです。
中国人形は特に・・夢に出てきそうなくらい。

「誰も寝てはならぬ」がまた・・
頭の中でくるくると滑ってます(^^;

P1030343-1.jpg

| クラシック音楽 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

換羽中は うるん だけ。

トゲトゲいっぱい出て来ました
特にかゆくて仕方がないみたいで・・

P1030285-1.jpg
P1030289-1.jpg


気持ちいいんだからぁ~・・・>うるん

P1030286-1.jpg



ちょっと前までヒナヒナだったのに
真っ白 白すけになってしまうのね・・・
なんか寂しいぃ。

P1030298-1.jpg

| 文鳥っこ うるん | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月