2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

≫ EDIT

見上げる人?

P1020142-1.jpg


オペラシティにて発見?


P1020143-1.jpg

P1020146-1.jpg

| あれこれ | 21:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2大ピアノコンチェルトと言ったら・・

まずこの2曲になるのでしょうねぇ・・

チャイコフスキー
  ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23

ラフマニノフ
  ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18


今回は珍しく演奏曲目的でコンサート行って来ました。


タチアナ・シェバノワ(P・・チャイコフスキー)  
スタニスラフ・ジェヴィツキ(P・・ラフマニノフ)
指揮:アンドレイ・アニハーノフ
レニングラード国立歌劇場管弦楽団
東京オペラシティコンサートホール

P1020013-2.jpg



ピアニストのお二人は母・息子。
お母さんのタチアナさんは 力強い叩き割るような演奏で
難しいチャイコフスキーを簡単に料理って感じで・・。

息子のスタニスラフ君、18歳。
タチアナさんとは正反対、繊細で音も細く、
テクニックは抜群でしたが オケの音に負けているような(^^;
まだ若い、これからの人だよね。

このところ・・超・有名曲?ばっかり聴けて
ゆとりがあるコンサートが続いていて
なんか嬉しい(*^^*)

| クラシック音楽 | 21:45 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

12種類の音色♪

~~~イ・ムジチ合奏団~~~

ボッケリーニ:メヌエット
モーツァルト:「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」から「ロンド」
レスピーギ:シチリアーナ
パガニーニ:ヴェネツィアの謝肉祭
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 op.48から「ワルツ」
作曲者不詳:タランテラ物語
ファリア:スペイン舞曲「はかなき人生」より
ピアソラ:リベルタンゴ
モンティ:チャールダッシュ
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『四季』

P1010461-2.jpg



『四季』と言ったら『イ・ムジチ』
『イ・ムジチ』と言ったら『四季』
定番中の定番、イ・ムジチ合奏団を初体験。
それほど期待せずに行ったものの・・
室内楽、この12人の音の大きさに驚き。
いつもの大編成オケとひけの取らないほどでした。
11の弦の音がまたそれぞれ違って聴こえてくる感触がなんとも・・
耳の奥底にその音がまた貯まってくるのが気持ちいい~(*^^*)

1部は有名小曲集を続けて演奏。
このままCD化して欲しいと思う・・。

2部、ヴィヴァルディの『四季』は毎年、東響の第九の時に「春」と「冬」だけを
聴いてますが、やっぱり全曲通して聴いた方がいいですね。
正統派室内楽を堪能です。
12人だけの演奏とは思えない迫力で 綺麗な旋律続く・・続く・・♪


アンコールも4曲。
出たり入ったりで合奏団の方々には大変だったかも。
でも日本慣れしているせいかサービスいっぱいで。
ロッシーニ:ボレロ
バッハ:G線上のアリア
ドボルザーク:ワルツ
ヴィヴァルディ:コンカ


P1020139-1.jpg


今回始めて、演奏終わった後にCDを購入。
今までこんな事しなかったのに(^^;
イ・ムジチの初代メンバーでの初録音版、1958年のです。

| クラシック音楽 | 23:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Local Beer

我が町ビールがあったのよ(~_~;)
最近はあっちこっちに 地ビールなるものいっぱいだけど。
まさか・・
ここまで・・・


なんかなぁ~って思いつつも
しっかりと3種類うちにある・・
P1020112-1.jpg

| あれこれ | 16:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

買った、食べた、飲んだ。

久々の中華街。
みんないっぱい集まってくれたし
楽しいひとときを送れました


中華菓子も中国茶も買いだめ出来たし満足。
P1020108-1.jpg

P1020111-1.jpg



せっかくの中華街・・・撮った写真は何故かこれだけ
P1020105-1.jpg

二種前菜

| あれこれ | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本でここだけ

・・そう言われるとやっぱりね
最近時々通る所に まぁこんなものが~って。

P1020077-1.jpg



6種類のお味があって、
なかなかの美味

P1020078-1.jpg



でもよ~く見ると怖いっです

P1020079-1.jpg

| あれこれ | 21:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

縁がない・・ってこの事かぁ

巨匠・ウォルフガング・サヴァリッシュ氏との出会い?

2003年---ウィーンフィル&指揮・サヴァリッシュ氏来日。
最高の組み合わせだったのに
サヴァリッシュ氏健康上の理由から来日出来ず-----涙。

2004年---N響&サヴァリッシュ氏
お元気になられたのかと思い喜ぶが
チケット即日完売-----涙。
でも立って指揮出来ずに着席での指揮(後日のTV放送で)
痛々しいお姿に-----涙。

2005年---またN響&サヴァリッシュ氏
11月の定期、予定していた指揮者を変更してまでも
サヴァリッシュ氏来日と!
今回はチケット購入成功。
で・・やっぱり・・・来日出来ずに
最初の予定の指揮者マティアス・バーメルト氏になる。
サヴァリッシュ氏からのお手紙
元気になってまた日本のみなさんとお会いしたい云々・・で-----涙。

マティアス・バーメルトさんの立場って?
どんな指揮者なの?
N響のやり方も気にいらなかったしで
色々思いましたが・・・
初めての経験、演奏会すっぽかしました-----涙。

Tchaikovsky   Violin Concert D major op.35
Brahms      Symphony No.2 D major op.73

P1010770-1.jpg



P1010769-1.jpg

| クラシック音楽 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

欲しかったのよ

前からずっと狙ってました(^_-)v

P1020059-1.jpg



やっとこさ手に入れて♪o(^0^o)♪~(o^0^)o ~♪

P1020065-1.jpg



この種類もゲットしました。(黄色は無かったからねっ)

P1020068-1.jpg

| 文鳥っこ | 07:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月